ご使用方法・ラップラクン、ラップラ2クン、プロ用衛生庖丁差し、丸浸け庖丁(まな板)差し

A.通常ご使用の場合

  1. 包丁差し容器・桶にラップラクンを入れて下さい。
    • 水1リットルあたり−計量スプーン半杯(約5g)
    • 大型包丁差し容器(約9.3リットル)−計量スプーン5杯(約50g)
    • 小型包丁差し容器(約5.5リットル)−計量スプーン3杯(約30g)
  2. 容器に水を入れ、攪拌して溶かして下さい。
    • 水溶性のため、すぐに溶けます。
  3. あとは、フタをして包丁を差して下さい。これでOKです。
    • 3日〜2週間に一度交換(1〜3の作業)して下さい。
    • 残留食材等で過度に汚れない限り、腐敗しませんが、汚れ具合に応じて早めにお取替え下さい。
  4. 包丁の再使用時は、水で洗い流してご使用下さい。

B.衛生管理を最優先にお考えの場合−特に5月〜9月期

  1. 上記「通常ご使用例」で1〜3日で交換して下さい。
    • 包丁は使ったら、すぐに残留食品カスを流し、包丁差しにつけて下さい。
    • 柄も殺菌したい場合は、フタを取り、柄まで浸けて下さい。
  2. 包丁の再使用時は、水で洗い流してご使用下さい。

C.毎日交換でご使用の場合

  1. 上記「通常ご使用例」の50%〜30%のラップラクンでOKです。
  2. 包丁は使ったら、そのまま包丁差しに浸けて下さい。洗いは不要です。
    • 過度に汚れている場合や、こびりついている場合のみ洗い流して下さい。
  3. 包丁の再使用時は、水で洗い流して、ご使用下さい。
  4. 使用済み溶液をシンク等に流し入れ、スライサーやまな板を除菌できます。
  5. 毎日の終了時に容器の内側を洗い、水・ラップラクンを入れ、包丁を浸けて保管して下さい。

D.水産、食品加工工場でご使用の場合

  1. 上記「通常ご使用例」の約80%のラップラクンでご使用下さい。
    持続力がアップしたラップラ2クンがお勧めです。
    • 水10リットルあたり−計量スプーン4杯(約40g)
  2. 容器に包丁、カッター刃、バンドソーを入れて浸けてください。
    これでサビ止め、除菌はOKです。
  3. 包丁、バンドソー等、再使用時に水で流してご使用ください。使い終わったら、又溶液に浸けてください。
    • コンテナ容器やポリたらいで容量が多い場合は、刃物の空スペースに、350〜500mlのペットボトル(中に溶液と小石や鉄片を詰めて)を沈めて節約ください。 
    • 刃物は使ったら、必ずきれいに洗い、完全に残留食品カスを洗い流してから容器に浸けて下さい。
    • 汚れや、食品残留カスが無い場合溶液は長持ちします。
    • 2〜4週間に一度の割合で、水・ラップラクンを交換下さい。

E.簡便なご使用(スプレー)の場合 −水産、食品加工工場

  1. ラップラクンを通常の2倍の濃度、水1L当たり計量スプーン1杯(約10g)をスプレー容器に入れ、水を入れ撹拌して下さい。
  2. 機器にセットしたままのバンドソーや丸刃に直接、刃を動かし万遍なく多目に スプレーして下さい。
  3. これでその都度の除菌と数日間のサビ止めがOKです。
    • アルコールスプレーのままでは、刃物は錆び易くなります。
  4. 再使用時は、水で洗い流してご使用下さい。
  5. 24時間ご使用後に刃物に黒点や茶点が出た場合、サビ取りをしてから再度スプレーしてください。

F.ステンレス包丁のみでのご使用の場合−除(防)菌優先

  1. 上記「通常ご使用例」の約70%〜80%のラップラクンでご使用下さい。
  2. 汚れや残留食品カスがある場合や、夏場は少し早めに交換下さい。
  3. 柄も同時に殺菌したい場合は、フタを取り柄まで浸けて下さい。
  4. 包丁の再使用時は、水で洗い流してご使用下さい。

G.菜ばし・料理器具・まな板の除(防)菌にご使用の場合

  1. シンク又は、水槽に水をはって下さい。
    • 浸ける料理器具やまな板の容量を考え、少なめに水を入れて下さい。
  2. ラップラクンを入れて下さい。
    • 水10リットルあたり−計量スプーン2〜3杯
  3. 攪拌して溶かして下さい。
  4. 後は、料理器具・菜ばし・まな板を浸けて下さい。これでOK.です。
    • 3日〜2週間に1度交換して下さい。
    • 毎日交換の場合は、ラップラクンを少なめでOK.です。
    • サビた器具や包丁は入れないで下さい。サビた場所が黒染みになる場合があります。
  5. 料理器具・菜ばし・まな板の再使用時は、水で洗い流してご使用下さい。

H.長期間(1年以上)ご使用のない場合

  1. 乾燥させた包丁を、刃先から柄元まで、ラップラクンの原剤にまんべんなく被せ、ナイロン、又はラップで包んでください。
  2. そのまま、包丁ケース(紙製)等に入れ、固定して下さい。
  3. これで10年OKです。ホームページ「10年テストレポート」をご参考ください。
  4. 再ご使用時は、固まったラップラクン原剤を崩して、水で洗い流してください。

→防錆10年テストレポートへ

copyright(c) OLI All Right Reserved.